日頃のケアが重要

ビジネスマンは、靴が壊れてしまった場合には、新しい靴を購入するのか修理するのかの二択になります。特に、忙しい時などに限って靴が壊れてしまうので、本当に大変です。そんな時の為に、常日頃から靴修理屋さんの場所と、靴屋さんの場所は頭に入れておく必要があります。その為、自分が良く利用する駅の近くにある靴修理屋さんの情報は、特に頭に入れておく必要があります。

全国に300店舗以上もある靴の修理店なら、地下鉄であったり、デパートなどにも設置されておりますので、場所さえ知っておけばそれほど慌てずに修理に向かう事ができます。ビジネスマンの方は、必ずチェックしておくようにしてください。

また、出先で急に靴が壊れる事がないように、常日頃から靴のケアを行うのはとても重要です。定期的に、靴についているゴミをブラシで掃きとって靴磨きをすれば、履いているだけではわからなかった靴のダメージを、事前に知る事ができます。

靴磨きを定期的に行うようになると、靴のアッパー部分の傷などにも気付く事ができますので、傷補修用のクリームなどを塗り込みながら、傷口が大きくなる前にケアする事ができます。靴磨きは靴をキレイにするだけでなく、ソールの減りであったり、傷などを事前に把握する役割もありますので重要です。

壊れやすい部位

革靴を長く使っていると、どうしても定期的に壊れてしまう部位があります。靴の修理でもっとも多いのが、ヒール部分の修理です。長く履いていると、歩いているうちにかかとがすり減ってきます。この、かかとのすり減りを気付かずにそのまま履いていると、歩き方が壊れて腰や背中が疲れやすくなってしまったり、靴にかかる体重がズレてしまいますので、靴が傷んでしまいます。

靴のヒールは、営業マンのように普段から外出する機械が多い方の場合には、ゴム製のヒールの方が疲れにくかったり、修理費用も安くなっておりますが、しっかりとした靴の場合には、靴底がレザーになっている場合もあります。そういった場合には、同じようにレザーで靴底を修理しないとチグハグになってしまいますので、靴底のリペアに革を使用できる修理屋さんへ依頼をするのがポイントです。

また、ヒール部分がすり減っているという事は、他の部分もすり減っている所が出ています。一度に交換修理してしまうと面倒な事が一度に住みますので、もう一方のヒール部分や、つまさき部分の靴底も痛みがあるようでしたら、一緒に交換するのがおすすめです。靴の修理屋さんでは、セットで交換すると、お得な料金にしてくれるサービスもありますので、合わせて利用してみてください。

1 2